子育て

新生児からも使えるスリングがオススメ!抱っこひもと比較してわかったメリットとは

抱っこ紐とスリングの違い

突然ですが、全国のママ・パパのみなさま、スリングという育児グッズを知っていますか。

パパさん
パパさん
なんだい、それは?ドキドキが止まらないあれかい?
ゆうまま
ゆうまま
あ、それはスリリングですね。
ママさん
ママさん
もしかしてですけど、甘くてモチモチで食べたら止まらないあれですかー?
ゆうまま
ゆうまま
……ええっと…あ!ポンデリング!!じゃなくて!なぞなぞじゃないですよ!

ということで(?)今回は、出産にむけて準備を進めていたら「スリング」という言葉を初めて耳にしたけれど、

・そもそもスリングってなに?
・抱っこひもとどう違って、なにが優れているの?
・スリングにはどんな種類があって、いつから使えるの?
・オススメがあったら知りたい!

といった「スリング」を初めて知った方が必ず疑問に思うことをまとめてみました。

ゆうまま
ゆうまま
実はわたしは出産準備中にスリングではなく抱っこひもを購入したのですが、どちらを選ぶかとても悩みました。それぞれにメリットやデメリットがあるので、これから購入を検討している方には参考になると思います。

スリングとは?

スリングとは、一枚の大きな布を肩からかけて、赤ちゃんを布で支えて抱っこするベビーグッズです。


袋のように赤ちゃんを包み込んであげられるので、ママのお腹のなかに近い状態になり、赤ちゃんもとても安心できます

抱っこ紐に比べてスリングを使っている人は少ないですが、スリングにはたくさんのメリットがあります。

スリングが支持される理由

・首がすわっていない新生児からでも使用できる

・生後2週間ごろ~3歳ごろまでの長期間使用できる

・布なので洗濯が可能で、常に清潔に保つことができる

・コンパクトに折りたたんで持ち運びができる

・サイズ調整がしやすく、ママやパパそれぞれに合わせられる

とくに、新生児のような小さいときから使用できるのがスリングの大きな特長です。

赤ちゃんとママが常に密着した状態をキープできるので、赤ちゃんが安心して寝ることができます。

ゆうまま
ゆうまま
最近はインスタのオシャレママさんの間でも人気。抱っこひもに比べて、スリングはオシャレなんですよ。育児にもオシャレは必要ですからね! 

 

スリングの種類

抱っこひもとの比較をする前に、スリングにはいくつか種類があるのでご紹介します。

ファスナータイプ


肩ひもの長さをファスナーで調整ができるタイプです。

ママとパパが兼用する場合など、即座にパパッと調整が可能なので、外出時にはとくに便利です。

 

ニットタイプ


伸縮性のあるニット素材なので、赤ちゃんだけでなくママの肩や腰への負担が少ないスリングです。

サイズ調整が不要な分シンプルで、スリング自体が伸び縮みするので様々な抱き方にも対応しています。

 

バックルタイプ

スリングと抱っこひものメリットを比較

一般的なスリングと抱っこひものメリット・デメリットを、項目別に比較してみました。

使用時期・価格・デザイン

スリング抱っこひも
使用可能な時期新生児~1歳半くらい生後4か月~3歳半くらい
価格安い高い
デザインオシャレなものが多い似たようなものが多い

使用可能な時期

抱っこひもは首がすわっていない新生児(生後1か月)~生後4か月の期間は使用できませんが(新生児用パッドを装着すれば使用できるものもあります)

スリングは新生児のときから使用することができます

スリングは、赤ちゃんを横向きにして抱くことができるので、首がすわっていなくてもしっかりと支えて抱くことができます。

価格

抱っこひもの価格の相場が、約3~5万円なのに対して、約1万~1万5000円ほどで購入することができます

使用可能な時期は短いですが手ごろな価格なので、新生児のときはスリングを使用して、途中から抱っこひもに乗り換えるといった使い分けもできます。

デザイン

機能がシンプルな分、各メーカーの他社との商品差別化ポイントは、デザインです。

そのためカラーバリエーションが豊富で、素材にもこだわったオシャレなスリングがたくさんあります。

ゆうまま
ゆうまま
インスタでスリングを検索してみたら、びっくりするくらいオシャレなのがいっぱい出てきますよ~。

機能性・使いやすさ

スリング抱っこひも
通気性通気性がよい熱がこもりやすい
装着のしやすさ付属品がなく装着しやすい複雑で装着しにくい
衛生面まるごと洗濯可能部分的に洗濯可能
持ち運びやすさ折りたためてコンパクト重たくてかさばる

通気性

スリングは風通しのよい布一枚でできており、赤ちゃんとママの体の間に風の通り道を作ることができるので、通気性がよいと言われています。

装着のしやすさ

スリングには余計な機能が一切ついておらず、とてもシンプルな構造なのでわかりやすいです。

ゆうまま
ゆうまま
抱っこひもは、なんだかんだいって最初に装着するときは説明書を読んで、あれこれ試行錯誤しました。そういう心配が一切ないのはいいですね。

衛生面

赤ちゃんは汗をかきやすく、夏場はとくに蒸れやすいので洗濯しやすいかどうかはとても重要です。

スリングは丸洗いができるので、汚れがついたときもサッと洗って、常に清潔に保つことができます

持ち運びやすさ

個人的に一番すごいと思えるのが、スリングは折りたためばカバンに入れて持ち運ぶことができるところです。

抱っこひもは意外とかさばるので、手持ちのカバンに入れることは難しいです。ちょっとしたおでかけのときにスリングは持ち味を発揮してくれます。

体への負担・家事のしやすさ

スリング抱っこひも
体への負担片方の肩に負担がかかる負担が少ない
家事のしやすさ家事はしにくい家事がしやすい

ママの体への負担

スリングのデメリットといえば、これ。片方の肩で赤ちゃんの体重を支えることになるので、ママの体への負荷がかかりやすいと言われています。

一方で抱っこひもは体全体で支えることになるので、負荷が分散され、肩こりや腰痛などが比較的起こりにくいです。

家事のしやすさ

同じような理由から、スリングをしながらの料理や洗濯、掃除といった家事はしにくいです。

片方の手で赤ちゃんを支えるスリングに対して、両手が自由に使えて、おんぶなどもできる抱っこひものほうが家事をするという点では優れています。

ゆうまま
ゆうまま
全部とはいわないですけど、たとえばお皿洗いだけとか、パパがやってくれるとほんとに助かりますからね!

 

オススメのスリング

Betta(ベッタ)  キャリーミー!【2019年最新モデル】


スリングや抱っこひもを販売しているべッタの代表的なものが、この「カチッとロック!キャリーミー!」です。

まず、値段が驚きの7,776円(税込)です。(2019年9月末時点)

ゆうまま
ゆうまま
もうね、安すぎてワナワナと震えてしまいましたよ。ウチが買った抱っこひもは5万円とかだったので。。

ファスナータイプで、写真のようにサイズ調整がとても簡単です。

装着やお手入れといった、めんどうなことをなるべく避けたいタイプのママさんにはほんとうにオススメです。

今ならスリングも収納できて、丸ごと洗うことができるポーチを無料でもらえますよ↓↓

コニー ベビースリング

インスタでとにかく話題のスリングです。

装着が20秒程度でできて、とにかく簡単シンプル。

オシャレにもこだわりたいママには一押しのアイテムですね。値段もなんと7000円以下です。

ゆうまま
ゆうまま
いまママの間では、抱っこひもは「エルゴ派」と「コニー派」の二極みたいですよ。ウチはちなみにエルゴ派ですけどね。

 

ということで、実は超コスパよしで、オシャレなスリングのまとめでした。

ゆうくん
ゆうくん
ボクも来年の東京オリンピックで活躍するぶ!得意の寝技でポイントとるぶ!
ゆうまま
ゆうまま
えーーー…レスリング!!ってもうええわ!